EYE

EYE あなたに新しい視点から街を示す

EYEは、Lucas De Manがディレクション、Pascal Leboucqがデザインしたアートインスタレーション。このプロジェクトは、街中いたるところにある建物から吊るされた 5つの巨大な目から構成されているが、今日の都市が課題として突きつけられている「崩壊しつつある社会の一体感」へ形でデザインされた。EYEを通じて、ルーカスとパスカルは匿名性の高い「都市」というものに「目」を与えることで人間性を与え、見る人に都市生活や社会に関する新たな視点を提案している。

それぞれの「目」には、一度に1人が入ることができるが、建物の外にあるインスタレーションの中に吊るされる形になる。開いた瞳孔を通じて街を見渡すと、さらに近くで見てみようという気持ちが沸き起こる。すると瞳孔が閉じる。EYEはオーディオ・ビジュアルのシアター体験で、街だけでなく、自分自身や他の人への見方を変えてみるきっかけを与えることになるだろう。このアートプロジェクトでは、ユニークな体験とアニメーション、素晴らしいビジュアルデザインとサウンドとが一体となっている。

EYE初公開は、2014年にHertogenboschにて。このプロジェクトはNew Heroes、Het Zuidelijk Toneel、Hertogenbosch、BKKCの共同ブロジェクトで、その他多くのパートナーやスポンサーの協力によってオランダのブラバントで製作された。EYEの画像は twitterで13,400回以上シェアされ、Wired、pfsk、Archiloversを含む10カ国以上の19のオンライン・マガジンにて記事も掲載されることとなり、国際的にも注目を集めた。その後、2015年にはティルブルグ(オランダ)に、2016年にはメッヘレン(ベルギー)で開催し、そして2018年にアムステルダムへやってくる。

Credits
Concept: Lucas De Man
Design: Pascal Leboucq
Animation: JanJoost Verhoef
Music: Marc Alberto
Producers: Stichting Nieuwe Helden en Het Zuidelijk Toneel

OOG Den Bosch_De Heus04_Pascal LeboucqLR